AppleはiPhoneのNFC(非接触決済)を使ってiPhoneをタップするだけで支払いを受け取れるサービスを2022年2月8日(米国現地時間)に発表しました。このサービスは、2022年の後半にアメリカで最初に展開予定!

今日もガジェットの面白さを見つけましたか?
こんにちは!ワイユーどっとこむ。ゆうきです。

我々ガジェットの面白さを伝えるという活動をしています!

ガジェットの良さを多くの人に知って頂きたいので、シェアしてくれると嬉しいです!

という事で早速本題のTap to Payについて話して行きます。Tap to PayはAppleの新しい支払い決済手段のサービスの名前です。

今までiPhoneを使ってNFCを利用して決済を支払うサービスは存在していましたが、今回は決済の支払いをiPhone単体で簡単に受け取れるサービスを発表しました。iPhoneのNFCを利用して支払いを受け入れるのは、今回が初めてです。

NFCと言えばAppleのAirTagにも使われています。

iPhoneのTap to Payを行うと企業側はiPhoneにタップするだけで、顧客側はApple Payやタッチ決済が使えるクレジットカードやデビットカード、デジタルウォレットなどをiPhoneにかざすだけで支払いを完了できる仕組みです。

  1. Tap to Payを利用するには
  2. これを利用するメリット
  3. QRコード決済との比較
  4. どこが最初に導入か?
  5. まとめ

Tap to Payを利用するには

iPhoneXS以降で対応のアプリを導入すれば、iPhone単体で支払いをすることができます。また、追加のハードウェアなどを買い足して付け加える事が無いので、iPhone単体で使えることが利点です。
ポケットからiPhoneを出してNFCにかざすだけで、すぐに決済ができる事が良いなと感じました。

これを利用するメリット

外でお店を開いている人などは、iPhoneを持っているだけで、すぐに支払いを安全に受け取れることです。
支払う側は、現金などを持ち歩かなくてもiPhoneにかざすだけで支払いができます。

QRコード決済との比較

Tap to Pay:ネットワーク通信不要AppleWatchも使用する事ができるタッチ決済付きのクレジットなどにも対応
QRコード決済:ネットに繋いでいないと決済ができないので、通信環境が悪いと支払いができない。
また、Pay Payの支払いに画像を読み取らないといけい時があるので、カメラ付きのスマホでないと支払いが出来ないため、AppleWatchなどでの支払いができない。
その点を比べるとTap to Payの方が利便性を感じますね。

どこが最初に導入予定か?

Tap to Payを最初に導入するのがアメリカの”Stripe”です。この春のShopifyのPOSアプリで最初の支払いプラットフォームです。

Apple Pay自体はアメリカの小売店で90%以上利用されています。今回のTap to Pay機能追加で中小企業から大手小売業者まで、アメリカ中の何百万人もの商人がiPhoneでTap to Payを使用すると思われます。

まとめ

ということで今回はTap to Payについてでした。まだアメリカでしか使えないので、日本で使えるのは当分先の話になりそうですが、このような利便性のある支払い決済は日本でも流行ってほしいなと感じました。
iPhoneXS以降のiPhoneにタッチ決済可能なクレジットなどでも支払えるので、現金を持ち歩くお財布よりiPhoneの需要が高まっていてiPhone好きからしたら嬉しいに限らないですが、Pay Payなどの決済会社にとってはライバルが増えてきてどう対応するのかも見所だと感じました。
ということで今回はここまでにしたいと思います。我々ワイユーどっとこむ。ではApple製品を中心にガジェットを楽しみながら学ぶことをコンセプトとして活動していて、YouTubeもやっているのでそちらもチェックお願いします!
それでは次回もレッツライド!!

Youtubeのページ

Source:Apple

Yuhki

現在23歳 映像編集、サイト運営、ブログ、SNSを中心に色々挑戦中です!

楽しんでいきましょう!!