どうもこんにちは!ワイユーどっとこむ。ななにです!今回は9月の発表会に引き続き今月10月も発表会もあるということで何が発表されそうなのか、どういうものになるのかの予想やウワサを話していきたいと思います!
先に少しお話すると先月ではiPhoneiPadAppleWatchが発表されたので残るMacがメインになりそうです

目次

  1. MacBook Pro
  2. Mac mini
  3. iMac 32インチ
  4. AirPods第3世代
  5. まとめ

MacBook Pro

ian zelbo氏のコンセプト画像

今回のイベントの目玉ともいえるのは新しいチップが搭載されたハイエンドMacBook Proです。

サイズは14インチ16インチの2展開になり16インチは2019年以来2年ぶりのアップデートとなります!

性能面ではM2チップ(もしくはM1Xチップ)が搭載されて、リーカーのマークガーマン氏によるとCPU高性能8コア高効率2コア計10コア(現在は高性能4コア、高効率4コアの計8コア)になり、GPU16コア32コア選べる(現在は基本8コアでAirの一部が7コア)ようになると言っています。

ディスプレイはアナリストのロスヤング氏によるとiPad Proと同じものが使用されてminiLEDでProMotion120Hz(可変リフレッシュレート)になると言っています。個人的には現在のiPad Proと同様に大きいサイズの16インチだけminiLEDになるのではないかと思います。

筐体はTouch Barが消えてMagSafeが復活してポート(HDMIやSDカードスロット)が増えると多くのリーカーが口を揃えて言っていて、一昔前のMacBook Proに戻るような感じなんですがとても嬉しい進化です。しかもこのMagSafeUSB Type-Cよりも速い充電速度が実現できるとも言われています。
多くのリーカーがAppleWatch7で角張ると言っていたのを忘れてはならない

発表可能性:★★★★★
製品期待度:★★★★★

Mac mini

ジョンプロッサー氏とian zelbo氏のコンセプト画像

Mac miniもチップが新しくなってハイエンドモデルがでると言われてます。

チップは先述のMacBook Proと同じM2チップ(もしくはM1Xチップ)になり、ポートも同様に増えると言われてます。
また、筐体は変わらずチップだけ新しくなる可能性もあります。

発表可能性:★★★★★
製品期待度:★★★☆☆

iMac 32インチ

iMacのハイエンドモデルは今回のイベントでは発表される可能性は低いと言われてます。

チップは先述のMacBook Proよりも性能が高いものになり、M2Xチップが搭載されると言われており来年に発売されると考えられています。

どんな感じのものになるかという情報がほとんどなく現在のiMac 27インチの代わりになるモデルとして大きさが32インチになると言われているだけです。

発表可能性:★★☆☆☆
製品期待度:★★★★☆

AirPods 第3世代

Air Pods第3世代は今年一年間ずっと来ると言われ続けていますが次こそは来るんじゃないかと言われています。もしかしたら、イベントではなくプレスリリースで発表という可能性もあってかなり読めないのですが発表される可能性はかなり高いと思います。

デザインがプロのようになり、うどんと言われている部分が短くなると言われてます。ノイズキャンセリング機能は付かないものの現行のAir Podsのパワーアップ版と考えられます。MagSafe対応したら面白いなと個人的には思います。

発表可能性:★★★★☆
製品期待度:★★★★☆

まとめ

今回のイベントの注目ポイントはMacBook Pro新しいチップがどこまで進化するのかと筐体の変更はあるのかという点です!Monterey OSの紹介で結構時間使いそうではある。

今回のイベントは生放送で一緒に観たいと思うのでそちらもチェックお願いします!
YouTubeはこちらから!

By nanani

23歳のななにです! ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。