ガジェットの面白さを何か見つけましたか?
こんにちは!ワイユーどっとこむ。ゆうきです!

今回はAnker 622 Magnetic Battery(MagGo)を買ってみたのでどんな感じなのか記事にしていきたいと思います!

Amazonにて購入しました、まず初めに思ったことが箱が薄い!

外観


早速本体を見ていきます。

シリコン素材っぽい背面にはANKERのロゴが記されています。

スペック

MagSafeに対応している!

iPhoneのMagSafeを装着する部分    サイズは約105×67×13mm 重さは約140g

MagSafeとは?
iPhoneの背面のワイヤレス充電(Qi規格)に磁石がついているものをAppleはMagSafeと名づけています。

MagSafe非対応で、ワイヤレス充電のみ対応iPhoneで実際に試してみた。

ワイヤレス出力は最大7.5Wで充電はできますが、MagSafeに対応してるiPhoneでないとワイヤレスで充電することはできません。
実際にMagSafe非対応でワイヤレス充電ができるiPhoneSE第2世代で試してみましたが、一瞬充電することはできましたが、すぐに充電されなくなってしまいます。

現在MagSafeに対応している端末 iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
– iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
※マグネット式ワイヤレス充電はiPhone 13 / 12シリーズ以外には対応していません。

USB-Cから入力も出力も出来る。

USB-C 入出力は、5V = 2.4A (最大12W)

Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)はワイヤレス入力は出来ないので、USB-Cからのみで本体を充電することしかできません。

Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)本体を充電するのには、ワイヤレス充電には対応していませんがUSB-Cから入力と出力が出来ます。
他のモバイルバッテリーではUSB-Cからは充電はできるが、出力は出来ないこともあるので嬉しいです。
ここ最近Apple製品の付属のケーブルもUSB-Cになっているので、USB-Cで入出力が出来るのでポートも1つでスッキリしていてデザインも良いですね。

スタンドにもなる!

このような感じで、置くことができます。
裏のスタンドは、磁石でくっついています。

実際にiPhone12ProMaxで装着してみた

MagSafeバッテリーパックのスペックとAnker 622 Magnetic Battery(MagGo)を比較。

スペック/商品Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)MagSafeバッテリーパック
サイズ約105 x 67 x 13mm約95 x 64 x 11mm
重さ約140g約115g
入力USB-C:5V = 2.4A
(最大 12W)
Lightning:(最大27W)
容量5000mAh1,460mAh
対応機種マグネット式ワイヤレス充電
– iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
– iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
※マグネット式ワイヤレス充電はiPhone 13 / 12シリーズ以外には対応していません。
マグネット式ワイヤレス充電
– iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
– iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
※マグネット式ワイヤレス充電はiPhone 13 / 12シリーズ以外には対応していません。
iPhoneにバッテリー表示×MagSafe 対応の iPhone に iOS 14.7 以降が搭載されていること
USB-C出力5V = 2.4A (最大12W)×
Lightning出力××
ワイヤレス出力最大7.5W MagSafe5W(本体)アップデートすると7.5W
15W(本体+外部電源)
ワイヤレス入力××
カラーブラック/ホワイト/ブルー/グリーンパープルホワイト
同梱物Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) 、USB-C & USB-C ケーブル (0.6m) 、取扱説明書、24ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)、カスタマーサポートMagSafeバッテリーパック
折りたたみスタンド×
価格¥5,990(税込)11,800円(税込)
引用元:https://www.ankerjapan.com/products/a1611
;https://corriente.top/magsafe-batterypack-review/

MagSafeバッテリーパックの良い所

  • MagSafe バッテリーパックは20W以上の電源に繋ぎながらであれば、MagSafeバッテリーパックでiPhoneを最大15Wで充電ができる。
  • MagSafeはファームウェアアップデートのサポートがある。
    外出先で 7.5 W で充電するには、MagSafe バッテリーパックを最新のファームウェアにアップデートしてください。ファームウェア・アップデートは、バッテリーパックを iPhone に取り付けると自動的に始まります。アップデートには 1 週間ほどかかる場合があります。
    アップデート前は充電の速度が5Wに制限されていましたが、7.5Wへ高速化されました。
  • 充電残量を確認するのにiPhoneで確認することができる。
    MagSafe 対応の iPhone に iOS 14.7 以降が搭載されていることを確認してください。MagSafe バッテリーパックを iPhone に装着すると、自動的に iPhone の充電が始まり、ロック画面に充電状況が表示されます。
  • Lightning端子で充電ができる。
  • Apple純正

Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)の良い所

  • バッテリー容量が5000mAhある。
  • カラーバリエーションが豊富で、ブラック/ホワイト/ブルー/グリーン/パープルの5色
  • USB-Cによる入出力があるため、ケーブルからも充電できるのが良い所。
  • MagSafeバッテリーパックより値段が安い。
  • 約140gでそこまで重いと感じない。
  • スタンドにできる。

まとめ

今回は、Anker 622 Magnetic Battery(MagGo)を買ってみてスペックなどの比較をしてみました。
AppleのMagSafeバッテリーパックはAnker 622 Magnetic Battery(MagGo)と同様でMagSafeでバッテリーパック本体を充電できなかったり、バッテリー容量はAppleは1,460mAhでAnkerは5000mAhあるのでコスパはAnker 622 Magnetic Battery(MagGo)の方が高いのがわかります。
また、AnkerはUSB-Cで最大 12Wで入出力できる所も良い所だと思います!
スタンドにできるバッテリーパックもあんまり売っていないので、1つは持っていても良いと思います!

ということで今回はここまでにしたいと思います。我々ワイユーどっとこむ。ではApple製品を中心にガジェットを楽しみながら学ぶことをコンセプトとして活動していて、YouTubeもやっているのでそちらもチェックお願いします!
それでは次回もレッツライド!!

Source:https://support.apple.com/ja-jp/HT212174https://www.ankerjapan.com/products/a1611

Yuhki

現在23歳 映像編集、サイト運営、ブログ、SNSを中心に色々挑戦中です!

楽しんでいきましょう!!