どうもこんにちは!ワイユーどっとこむ。ななにです。今回はiPhone SEについては何回かやってるのですが情報更新などを含めてiPhone SE (2022)と(2024)の2つについてのリークや予想などの情報が複雑なので整理していきたいなと思います!

目次

  1. iPhone SEかiPhone SE Plusか
  2. サイズとデザイン
  3. 性能
  4. 値段
  5. まとめ

名称はiPhone SEかiPhone SE Plusか

現在的中率100%(Apple Trackより)であるディスプレイアナリストのRoss Young氏は10月26日にtwitterで2022年に発売されるとする4.7インチのものをiPhone SE Plusと呼び2024年に発売されるとする5.7もしくは6.1インチのものをiPhone SE第3世代と呼ぶと予測してます。この予想はかなり大胆だけどかなり期待が持てます。

Plusは大きいという意味ではなく5Gで速いという意味で名付けられるとの予測です。

しかし、単に2022年のものをiPhone SE第3世代、2024年のものをiPhone SE第4世代という名称になるとも考えられ、大きさ準拠で2022年(4.7インチ)のものをiPhone第3世代、2024年(5.7もしくは6.1インチ)のものをiPhone SE Plusという名称になるかもしれません。
もしRoss Young氏のこの予想が的中していたらマジですごいと思います。的中率100%継続…

ここで注意しておきたいのは今は既に発言を撤回しているが2019年にMing-chi kuo氏が2021年後半に大きいディスプレイで電源ボタンにTouch IDが搭載されるiPhone SE 2 Plusが出ると予測したことで混乱が生じてしまった。

名称はどうなるか正直わからないので今回は便宜上iPhone SE (2022)iPhone SE (2024)と呼びたいと思います。

サイズとデザイン

サイズは先程少しお話ししましたがiPhone SE(2022)はiPhone8やiPhone SE第2世代と同じ4.7インチになりホームボタン付きになる(Ross Young氏ming-chi kuo氏DigiTimesNikkeiAsia)と言われています。
そしてiPhone SE(2024)iPhoneXに近い5.7インチもしくはiPhone XRと同じデザインの6.1インチになりフルディスプレイでノッチではなくパンチホールになり電源ボタンにTouch IDが付く(Ross Young氏)と言われています。個人的には6.1インチならiPhone11と同じデザインの方が嬉しい。

また、10月20日にMyDriverという中国のサイトでは2022年モデルにXRと同じデザインを使い、Face IDを継続させるのに加えて電源ボタンにTouch IDの両方付くとも言われてますがあんまり信用できません

そして両方ともLCDディスプレイになりiPhoneとしては最後のLCD機になると言われてます。
OLEDディスプレイはiPhoneXから始まり12シリーズから全てOLEDとなってます。

パンチホール付きのXRをモチーフとしたコンセプト

2022年SE第2世代と同様なデザインでホームボタン有りのLCD4.7インチ
2024年XRと同様なデザインで電源ボタンにTouch IDが搭載のLCD5.7か6.1インチ

性能

2022年モデルに搭載されるチップはiPhone13シリーズと同じA15Bionicチップになると思います。というのもiPhone SE第2世代ではそのとき最新だったA13Bionicチップが搭載されていているので今回も最新のチップを使うのではないかということです。
最新チップを搭載するなら2024年だとA17Bionicチップになる??

カメラは2022年モデルでは単眼2024年モデルでは2眼になるんじゃないかと思います。
ナイトモードなどの機能はないんじゃないかと思いますがカメラもSE第2世代よりもよくなってるはずです。

そして一番の目玉はなんと言っても5G対応です!
筐体の進化がなくて中身が進化するならRoss Young氏の言う大きくなくてもiPhone SE Plusというネーミングはかなり有力か…?

正直2024年モデルはまだ先の話なので出るかもわからず全然情報がないというか信憑性が薄いです。

2022年A15Bionicチップ搭載で5G対応、カメラは単眼
2024年:A17Bionicチップ搭載?カメラは2眼?

値段

2022年、2024年モデル共に値段は399ドル〜となると言われていて現行のiPhone SE第2世代と同価格となります。
日本円で税込49800円〜となります。Apple Watch Series 7のように実際には日本だけ値上げ(値下げ)する可能性もあるので注意が必要です。Apple許すまじ

64GB128GB256GBのラインナップになり、5〜6万で手に入りそうです。
そうなるとかなり安い値段5G対応かつチップも最高峰のスマホとなりコスパ最強になりそうです!

まとめ

iPhone SE (2022年モデル):
・名称はiPhone SE Plus (仮)になる
デザインの変更はなしホームボタン有り
LCD4.7インチディスプレイ
・最新のA15Bionic搭載
5G対応税込49,800円〜

iPhone SE (2024年モデル):
・名称はiPhone SE 第3世代(仮)になる
iPhone XRのようなデザイン
・電源ボタンにTouch ID
・ノッチがなくなりパンチホールになる
・こちらも税込49,800円〜

SEシリーズはかなりコスパいいので出たときに購入を即決してしてもいいレベルだと思います。
そしてAirPods第3世代で対応したことだしMagSafeも対応したらさらに良いですね!

今回はここまでにしたいと思います!YouTubeもやってるのでそちらもお願いします!
それでは次回もレッツライド!!


nanani

23歳のななにです!

ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!