どうもこんにちは!ワイユーどっとこむ。ななにです!今回は大手3社(docomo、au、SoftBank)が突然、契約解除後でもメールアドレスを引き継いで使えるサービスを開始したことについて解説します。

目次

  1. メール持ち運びとは
  2. docomo
  3. au
  4. SoftBank
  5. まとめ

メール持ち運びとは

簡単に言えば、@docomo.ne.jp@ezweb.ne.jp@i.softbank.jpなどキャリアメールを他社に乗り換えても引き続き利用できるサービスです。

このサービスのすごい点はdocomo→ahamoやau→povoなど傘下にある場合だけでなくdocomo→auなど競合他社に乗り換えても引き継げるという点です。

共通して注意する点は解約してから31日以上経過していると利用できない(docomo→ahamoはahamo契約時と同時のみしか申請できない)という点です。

docomo

ドコモメール持ち運び」という名前で月額税込330円で初月無料となっています。
@docomo.ne.jpで終わるメールアドレスが対象となっていて、メールアドレスの変更はahamoに変更した場合のみになります。
詳細はこちらから(docomo公式ページに飛びます)

利用条件
・2021年12月16日以降にdocomoを契約解除した人で解除してから31日以上経過していないこと
・回線契約にもとづき発行したdアカウントのIDを持っていること

申請方法
・ドコモ回線解約の際に「ドコモメール持ち運び」の契約を選択する
・契約解除後31日以内でahamo以外の場合はこちらのページからログインして手続き
・ahamoに乗り換えの場合はahamo契約時に申請(申請しないと2度と復元できません

ahamoに移行する場合とそれ以外に移行する場合とでは申請方法が異なる点に注意が必要です。

au

auメール持ち運び」という名前で月額税込330円となっています。
@ezweb.ne.jp@au.comで終わるメールアドレスが対象となっていて、メールアドレスの変更はできなくなります。
詳細はこちらから(au公式ページに飛びます)

利用条件
・au回線解約後31日以上経過していないこと
・回線契約にもとづき発行したau IDを持っていること

申請方法
こちらのページからログインして手続き

2021年12月現在ではauに契約してたときの支払い方法で支払いすることになってたが、2022年6月以降になると支払い方法を新しく登録する必要がある点に注意が必要です。

SoftBank

メールアドレス持ち運び」という名前で年額税込3,300円となっていて2022年夏ごろに月額330円でも提供予定です。
@i.softbank.jp@yahoo.ne.jpS!メール(@softbank.ne.jp@y-mobile.ne.jpなど)が対象となっていて、メールアドレスの変更や迷惑メールの設定は現在のところできないのですが2022年の夏ごろにできるようになるそうです。
詳細はこちらから(Softbank公式ページに飛びます)

利用条件
・SoftBank回線解約後31日以上経過していないこと
・回線契約にもとづき発行したSoftBank IDを持っていること

申請方法
こちらのページからログインして手続き

SoftBankは未完成みたいな感じで2022年に夏ごろにリニューアルして完全版になるみたいです。

まとめ

docomoは申請方法が少し複雑になっていてdocomo→ahamoの場合にはahamo契約時に申請しないといけないところが特徴的です。
auとSoftBankはまだ完全に舗装が終わってなくてauは支払い方法が2022年6月、SoftBankは料金や機能が2022年夏ごろに改定予定なところが特徴的です。

また、回線が完全に移行(新回線のSIM有効化)し終わらないと申し込みできないので申し込み忘れて31日以上経過しないように注意が必要です。

auの場合

ちなみに僕はこのメール持ち運び機能を熱望していて遂に来たので早速auを解約してpovoに切り替えました!
色んなサイトとかをキャリアメールで登録したのでこういう機能があると格安SIMやahamo、povo、LINEMO等の新プランとかに乗り換えられることが簡単になりましたね!

それでは今回はここまでにしたいと思います。
YouTubeもやっているのでそちらもチェックお願いします!
次回もレッツライド!!

nanani

23歳のななにです!

ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!