どうもこんにちは!ワイユーどっとこむ。ななにです!今回はM1 ProMacBook Pro 14インチを1年以上使用し、Windowsから移行してどうだったかということや違いはあるのかなどを話していきます!

Windowsと異なる点

メニューバーや閉じるボタンの位置

Macだとメニューバーが分離しておりウィンドウを大きくして使う分には問題ないが、小さく使う場合は使っているウィンドウのメニューまでちょっと遠くなります。

続いてウィンドウの閉じるボタンMacだと左上にあります
それだけなら良いのですが閉じるボタン()と最小化ボタン()と最大化ボタン()が信号機のような色に分かれておりカーソルを近づけないと×や-などのマークが出なくて最初はどれがどれだか戸惑うかもしれないです。
⌘+Qでウィンドウを閉じることもできるのでそちらも使っていきましょう。

キーボード、マウス操作など

キーボードが結構Windowsと異なっていて半角全角キーがないのと変換キーがないのが1番違う点となってます。半角全角キーは英数キー・かなキーを使用し、変換キーはスペースキー・かなキーを使用します。
WindowsにおけるControlキーCommandキー)と^Controlキー)に分離してます。ショートカットキーでよく使うのが⌘キーでたまに^キーも使います。

キーボード配列比較(JIS)49

正直キーの配置に関しては僕はHHKBの無刻印を愛用していてWindowsとMacの動作が同じようになるようにMacモードのキーマップ変更を行っているためあんまり変わったとは思わなかったです。(HHKB専用のキーマップ変更ツールを使用)

していてWindowsとMacの動作が同じようになるようにMacモードのキーマップ変更を行っているためあんまり変わったとは思わなかったです。(HHKB専用のキーマップ変更ツールを使用)

HHKBキーマップ変更ツール

マウス操作Windowsと真逆に動きます。最初はびっくりしますが、設定でWindowsと同じ方向にできます。気持ち悪いので僕は速攻で変更しました。
システム設定からマウスまたはトラックパッドナチュラルなスクロールオフにすることで設定できます。

システム設定から変更可能

使うアプリが同じなら基本変わらない

Google ChromeなどのWebブラウザーやZoomやSlackなどの連絡ツール、Adobeのアプリなどは使うものが同じなら基本同じように使うことができます。
僕の場合、普段使っているアプリがMacにも対応していたのでMacに移行してもなんも変わらないなと思ってしまいました。

Macのメリット

Apple製品との連携

Macにする1番のメリットともいえる、Apple製品との連携です。
パスワードなどの情報が共有されていることAirDropiCloudデータ転送・共有容易であることが嬉しいです。
また、機能としてはiPhoneウェブカメラとして利用できる連係カメラiPad外部モニターとして使うことができるSidecarなど色々と連携ができてiPhoneiPadを使っていているならかなりのアドバンテージがあります

バッテリー持続時間

2020年の秋以降からApple Siliconと呼ばれるiPhoneやiPadのチップとベースが同じである独自のチップを使うことによりバッテリー持続時間が圧倒的に長くなりました。そして最悪だったコスパもかなり良くなりました。
チップ性能1番下でも大体のことは問題なく扱える性能を持っています。

M2チップ -Apple MacBook Air M2概要

Homebrewでアプリの管理がしやすい

Homebrewというパッケージマネージャーを使用してアプリを管理することができます。
導入の仕方は過去に解説しました。ちょっと難しいかもしれないですがかなり便利です!
WindowsでもWSLで使えるじゃんというのは無しで

ドヤれる

Apple製品ブランドデザインカッコイイということもあり、スタバなどでドヤれます
性能や使いやすさよりもこういうのを重視したい方はかなりのメリットになります。
Air、Pro、旧モデル問わずMacならなんでもドヤリングできる…?

Macのデメリット

対応してないアプリがある

Mac1番デメリットともいえるのが対応してないアプリが多く使い馴染んだアプリや学校などで指定されたアプリMac対応してなくて困ることがあります
大手が開発しているものは大体Macでも使えますし、近年Macユーザーも激増しているのでMacに対応するアプリが増えてきてます。
そして、ゲームも対応してないものが多いのでゲームしたい人はGPUの外付けができないのもあり、Windowsの方がオススメです。下の画像で林檎マークが少ないことがわかります…

Steamにおける2022年11月22日の売上上位

制限などがある

セキュリティの観点からでMac内で鳴っているデスクトップ音声録音するときには仮想のオーディオドライバを介してじゃないと録音できないという問題があります。
例えばMacの音を含めて配信したい時や画面収録したい時に敷居が高くなってしまう点がデメリットと言えます。

Windows当たり前にできることができないこともあるのがデメリットです。

Audio MIDIでBlackholeの設定

値上げもあり若干割高

円安による値上げがあり値段相応かちょっと安いぐらいだったのに若干割高になってしまった…
最安値のM1チップMacBook Air(2020年発売)が税込134,800円〜で今1番オススメできるM2チップMacBook Air(2022年発売)は税込164,800円〜となっています。

しかし、カスタマイズメモリ16GB(+税込28,000円)にしてストレージ512GB(+税込28,000円)とかにするとプラスで5万円以上掛かります。これだとWindowsでハイエンドモデルが買えてしまいます…

2022年11月現在販売しているMacBook一覧 -Appleより

Macでも大丈夫か

Windows専用アプリ必須またはゲームがしたい人以外Macでも全然問題ないと思います。

正直なところを話すとWindowsMacたいして変わらないと思います。iPhone、iPadなどを利用していてお金に余裕があればMacで、そうでなければWindowsでいいんじゃないかなと思います。
MacドヤりたいけどWin使いたい人は有料で1万円以上しますがParallels Desktop for Macという仮想化アプリを使えばMacでWindowsが使えるらしいです。

まとめ

MacWindowsUIや操作が異なるものがあり、対応してないアプリやゲームがある一方でApple製品との連携デザインが優れています

使いたいアプリがMacでも対応していれば全く問題なくWindowsからMacへ移行ができると思います。
Macユーザーも増加してきているので是非Macを使ってみてもいいのではないでしょうか!
MacBookを使うにあたって最初に設定したことを過去に紹介しているのでそちらもチェックです!

ということで今回はここまでにしたいと思います。我々ワイユーどっとこむ。ではApple製品を中心にガジェットを楽しみながら学ぶことをコンセプトとして活動していて、YouTubeもやっているのでそちらもチェックお願いします!
それでは次回もレッツライド!!

nanani

24歳のななにです!

ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!