どうもこんにちは!ワイユーどっとこむ。ななにです!今回は2022年iPad Proについて気になる情報が少しだけ出てきたので簡単に話していきたいと思います。
それではいきましょう!レッツジョブズ!!


目次

  1. 大型アップデートになる
  2. 11インチはmini LEDが非搭載
  3. まとめ

大型アップデートになる

的中率86.4%Mark Gurman氏のBloombergの記事によるとiPad Proは2022年の秋頃の9月から11月の間に発売となり、2018年以来の大型アップデートになると言ってます。
Mark Gurman氏はM2チップが搭載されてMagSafeが付きワイヤレス充電が可能になることを期待してます。

M2チップは4nmプロセスのチップで電源効率と速度が向上し、CPUのコア数は8コアで増えないもののGPUが9~10コアに増えると言われてます。M2になるということはM2チップのMacBookと同じかその後に発売になりそうですね。

MagSafeはiPhoneと同じワイヤレス充電のものになるということでiPhoneやAirPodsなどを逆充電できるようになるかもしれないと言われてます。しかし、逆充電は最近あんまり言われてないので難しいのかもしれません。MagSafeバッテリーパックは逆充電の布石だった…?

・M2チップ搭載で省電力、速度上昇
・MagSafe対応で逆充電も可能に?


11インチはmini LEDが非搭載

的中率72.5%Ming-Chi Kuo氏と的中率92.9%Ross Young氏はTwitterにて11インチのiPad Proにはmini LEDが非搭載になると言ってます。

Ming-Chi Kuo氏はコスト面の問題で今年2022年には新しいサイズのmini LEDが搭載された製品は発売されないだろうと言ってます。つまり、11インチiPad Proや今年の夏に出ると言われているStudio Displayのハイエンドモデルにmini LEDが搭載されないということを示唆してます。

これに対して、Ross Young氏はStudio DisPlay Pro27インチのmini LEDが搭載されるが11インチのmini LEDは今年出ないだろうと言ってます。

また、将来的にiPad Proは12.9インチ、11インチ両方でiPhone等と同じOLEDディスプレイが搭載されるとRoss Young氏は述べてます。
個人的には11インチにmini LEDやOLEDが搭載されないとiPad Airと違いが分かりづらいことになると感じます。

・11インチは引き続きmini LED非搭載
・今年新たなmini LED搭載製品はStudio Display Proだけになる?


まとめ

  • 2022年秋頃に発売
  • M2チップ搭載
  • ワイヤレス充電のMagSafe対応
  • 11インチはmini LED非搭載

今年のiPad Proは大幅進化ということで期待大ですね。そして発売間隔がiPad Proが登場して以来最長の18ヶ月になるかもしれないので力が入った製品になるのではないかと期待できます。逆充電ができるようになったらかなり嬉しいです。

ということで今回はここまでにしたいと思います。我々ワイユーどっとこむ。ではApple製品を中心にガジェットを楽しみながら学ぶことをコンセプトとして活動していて、YouTubeもやっているのでそちらもチェックお願いします!
それでは次回もレッツライド!!

By nanani

23歳のななにです! ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。