HHKBとMX ANYWHERE3を購入したのでファーストインプレッションレビュー!!

どうもこんにちはワイユーどっとこむ。のななにです!この度私Happy Hacking Keyboard通称HHKBとlogicoolの軽量マウスのMX ANYWHERE3を購入しましたということで早速このキーボードとマウスを使ってこの記事を書いてみようかと思います。

今回このキーボードとマウスを買うことに決めた理由はWWDC21でリーカー達が次々にMacBookProが出る出ると言っていたためその準備として実はマウスは先に購入してました。
そしてMacBookProが出たら絶対買うと決めていたためお金を結構貯めていたんですが結局発表されなかったんでMacBookProを購入した後に買おうとしていたHHKBを今買っちゃおうということで買ってしまいました。
わかりやすく言うと、いっぺんに買うのは流石に金銭的にきついので分けて買おうとしていたところMacBookProの発売がまだ少し先ということが分かったためHHKBが先に買おうということです。

とまあ自分語りはこの辺にして早速ファーストインプレッションを書いていきたいと思います!実際の所何かタイピングの試し打ちがしたかっただけです

HHKBについて

まず第一にデザインがかっこいい!!

汚い部分は隠してあります

打鍵感はもちろん良い感じで、思ったより軽く疲れにくいため長時間作業とかに向いているのかと思います。そして打鍵音についてはうるさくないぐらいだと思いますが録音して聞いてみると結構音が大きいと感じます。自分で打つ分には気にならないけど外から見たらどうなんだろうか?

私が購入した墨色は黒のキーに黒の刻印ということで文字が見えないかなと思っていたんですが明るいところだと結構見えますが暗いところだとちょっと厳しいかなと思います。
またFnキーを押しながらで初めて入力できるHomeやEndキー等はかなり見づらいです。

猫の毛が気になる

そして操作に関しては今まで使っていたフルサイズのキーボードと比べて小さめなのでキーの誤入力は慣れるまで多そうです。これは既に使用1日で慣れてきました。

そして配列的に誤入力が多いのが右Shiftキーを押そうとして上矢印キーを押してしまうことが多いです。個人的に右Shiftキーはめっちゃ使うので結構やらかします。
上記の画像を見てもらうとわかると思いますが右Shiftキーが1マス分しかなく間に上矢印キーがあるため慣れるまでは誤入力してしまうことが多いです。
また、US配列には矢印キーがなくShiftキーも2マス分あるのでこの誤入力に関してはJIS配列ならではだと思います。

他にもCtrlキーの位置や半角/全角キーがないなど特殊な配列があって、あれ?ってなることがあります。

入力に関しては実際、慣れればどうということはないと思います。また、コチラからツールをダウンロードすることでキーマップも自由に変えることができるためそこは自分好みに設定しましょう!僕はしません!

これは35.200円の価値があるかと言えばHHKBは寿命が長いと言われているためこの先長い目で見れば絶対にあると思います。
果たして一体何年間ともにしてくれるのでしょうか?

MX ANYWHERE3について

まずこのマウスを触ってみて小さい、軽い、気持ちいいと感じました
特にマウスホイールがマジで気持ちいいぐらい快適です

ベストなサイズ

大きさや動作などがかなり丁度いいというか行きたいところにスッと行ってくれるそんなマウスです!

その中でもほんとにすごいなと思ったのがマウスホイールです。
これがまあ回ること回ること
めっちゃ回るのに繊細なのもいけます!言葉に表現するのが難しいけどとにかくマウスホイールがすごいです。これは実際に触らないとわからないかもしれません。

Logicool公式サイトより

このマウスはMac版とWindows,Mac,Linuxどれも対応してる版の2種類あってお値段は変わらず10,780円で買う場所によってはもっと安く買えます!Mac版買う意味とは一体…?

また、Logicool Optionをコチラからダウンロードすることでボタンの機能を変更してアプリごとにカスタマイズしたり端末間でファイルを移動したりできるFlowの機能(iPadOS15で追加されるユニバーサルコントロールと同じ機能)が使えるようになるそうです。なぜか自分はログインできない…なんで?

正直まだ本領発揮を見せてくれてないのでこれからどんどん使っていきたいと思います!

まとめ

黒と黒でかっこいい

正直今までめちゃくちゃ安いものを使っていていきなり結構な値段をするものを買ってそりゃあもう満足ですよ…ずっと使うことを考えればいい買い物したなと思います!いや、そう思いたい!キーボードリーフも買ったので合わせて5万弱ですか
今回は開封したその日のレビューでまだまだこれから発見とかあると思うのでまたレビューしていきたいと思います。
YouTubeにも開封の様子やレビューなども投稿する予定なのでYouTubeの方も是非チェックお願いします!!

今回紹介した”HHKBのキーボード”と”MX ANYWHERE3”はアマゾンと楽天からも買えます。
HHKBのキーボード

MX ANYWHERE3

それでは次回もレッツライド!!

nanani

23歳のななにです!

ワイユーどっとこむ。のマネージャー的な存在?です!