Apple 最近の投稿

Apple、MagSafeやiPhone12などを医療機器から遠ざけるように呼びかけています。

Appleは医療機器との潜在的な磁気干渉について磁石やコンポーネントと無線機について注意を呼びかけています。
引用元Appleサポートより

今回はこの注意すべきApple製品についてまとめていきます。

目次

  • 医療機器に磁気干渉してしまう恐れ
  • 磁石が入っているApple製品について
  • まとめ

磁気が医療機器に干渉してしまう恐れについて

特定の条件下では、磁石と電磁界が医療機器に干渉する可能性があります。たとえば、埋め込まれたペースメーカーと除細動器には、密接に接触しているときに磁石と無線機に応答するセンサーが含まれている場合があります。
これらのタイプの医療機器との潜在的な相互作用を回避するには、Apple製品を医療機器から安全な距離に保ちます(ワイヤレス充電の場合は、6インチ/ 15 cm以上、または12インチ/ 30 cm以上離します)。特定のガイドラインについては、医師およびデバイスの製造元に相談してください。
またApple製品が医療機器に干渉している疑いがある場合は、Apple製品の使用を中止し、医師および医療機器の製造元にご相談ください。と呼びかけています。

磁石が入っているApple製品について

AirPodsと充電ケース

  • AirPodsと充電ケース
  • AirPodsとワイヤレス充電ケース 
  • AirPodsProとワイヤレス充電ケース
  • AirPodsMaxとスマートケース

AppleWatchとアクセサリー

  • AppleWatch
  • マグネット付きAppleWatchバンド
  • AppleWatch磁気充電アクセサリー

HomePod

  • HomePod 
  • HomePod mini

iPadとアクセサリー

  • iPad
  • アイパッドミニ
  • iPad Air
  • iPad Pro
  • iPadのスマートカバーとスマートフォリオ
  • iPadスマートキーボードとスマートキーボードフォリオ
  • iPad用マジックキーボード

iPhoneおよびMagSafeアクセサリ

  • iPhone12モデル
  • MagSafeアクセサリ

Macとアクセサリ

  • Mac mini
  • Mac Pro
  • MacBook Air
  • MacBook Pro
  • iMac
  • Apple Pro Display XDR

Beats

  • Beats Flex
  • Beats X
  • PowerBeats Pro
  • UrBeats3

まとめ

今回はAppleの磁気について医療機器に干渉してしまう恐れについてでした。
僕自身も、MagSafeなど磁力強いので機械が壊れるんではないかと考えましたが、やはり、医療機器などには影響は出るみたいですね。

iPhoneは今では超必需品なので、病院などに入ったらペースメーカーを着用されている方がいたらすぐにiPhoneなど磁石が入った機器をペースメーカーから離すように注意しましょう。
またペースメーカーを着用している方でiPhone12などを使用している方がいましたら、声をかけてあげると良いかもしれませんね!
今回も見ていただき有難うございました!

次回もレッツライド!!

Yuhki

現在23歳 映像編集、サイト運営、ブログ、SNSを中心に色々挑戦中です!

楽しんでいきましょう!!